All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.19 (Fri)

文鳥ツアー メイン!弥富 前編

事前に弥富文鳥組合へ連絡し、手乗り文鳥の配送の見学をお願いし、15時の約束をしていたので名古屋から車で45分かけて弥富へ。

1時間前に到着したので、りのちゃんのミルクが無くなっていた事もあり、イオンへ向かう。
10月に徒歩で歩き回っただけに弥富駅周辺の地図が頭に入っていて、迷うことなくイオンに到着。
イオンではペットショップにも寄りましたが、小鳥の生態は扱っていなかった・・・
見たことの無いメーカーの餌が置いてあったのであわだまを購入。
DSC01370.jpg
PetProという怪しい名前・・・うちの子たちが気に入ってくれるかな?

約束の時間になり、JAに隣接されている弥富文鳥組合に到着!
DSC01333.jpg

DSC01325.jpg
外見は普通の一軒家に見える。

中に入らせてもらう。

DSC01326.jpg
親鳥たちのかご。今は産卵中で留守。

DSC01330.jpg
りのちゃん、作業中のおばさん達を尻目にお食事・・・

待っていると生産農家の方たちが風呂敷にヒナが20羽くらい入った箱を持ってくる。
DSC01329.jpg
白,桜がほとんどですが、シナモン,シルバーも少数ですがいました。

ヒナたちは爪の状態や体の大きさを確認し、NGの子と分けて宅配業者へ送るためにダンボール箱へ入れられる。
DSC01328.jpg
数が少ないところはこの空箱にへ。
DSC01332.jpg

弥富のヒナは生後3週間で出荷され、この日に来た子たちは親鳥から離れたばかりだそうです。
通常は14日くらいで離して手乗りにするので長いように思えます。
ヒナたちは親鳥から十分に餌をもらっていることから、ダンボール内には餌はなし。
問屋へ到着するまでは無食で行くそうです。
ちなみに水も無ければ、防寒対策も無しです。
文鳥組合の方の話ですと、国産文鳥は寒さに強いので平気とか。

週2回で全国へ配送し、年間3000羽程度送っているとか。
ペットを飼う人の中でも小鳥は人気があるとはいえないので多い方かもしれませんね。
見た印象だと、これだけしかいないのかと思ったくらいなので・・・

組合の方,生産農家の方も年配なだけに後継者を残していってもらいたいと心から願います。
日本の国産文鳥を守っていってください。

文鳥組合さんの好意でヒナ3羽を購入させて頂きました。
他の子と異なり、非常に元気で頼もしい子たちです。
こんな子達がもっと多くの人に届き、愛されてもらいたいです。

後編に続く・・・


ランキングに参加しております。あなたのクリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

10:00  |  文鳥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rinonakimushi.blog36.fc2.com/tb.php/101-1155516e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。